肌のカサカサが気になるなら早目のケアが大事!

サエル,美白,コスメ,肌カサカサ

 

肌のつっぱりが気になる!
カサつきがひどい!
毛穴が目立つ!
顔の皮がむける!


カサカサ肌につきもののこんなトラブルに悩まされていませんか?

 

これらの症状はお肌自体がデリケートな状態に傾いている証拠です。
このまま何もせずに放置しておくと肌荒れや皮膚の腫れ、かぶれ等を引き起こしてしまう可能性もあるので早目のケアが肝心ですよ!

 

カサカサ肌に最適な化粧品を見てみる

カサカサ肌に最適な化粧品を見てみる

今がチャンス!初回限定特別価格キャンペーン中!

2160円が1480円(税込)!!

 

乾燥性敏感って?カサカサがひどくなるとどうなるの?

 

乾燥性敏感肌は、角質層のバリア機能が低下することで起こる肌トラブルの一種です。
乾燥が進むとお肌のバリア機能が低下して肌内部の水分が蒸発し、気温の変化やハウスダスト、雑菌や紫外線などの外部の刺激を受けやすくなってしまいます。

 

乾燥性敏感肌が進むと

  • 潤いやハリがなくなる
  • 肌荒れ
  • 大人ニキビ
  • 肌の老化
  • アトピー皮膚炎
  • 粉をふく
  • かぶれ

こうした症状を引き起こしてしまいます。
普段使っていた化粧品が合わなくなったりすることもあるので甘く見ていると大変な事になりますよ。

 

カサカサ肌になる主な原因は4つ!!

エアコンによる乾燥

夏場の乾燥の一番の原因、それはエアコン!
会社や自宅で一日中エアコンの効いた部屋の中にいるという人は多いですよね。
蒸し暑い夜はついついエアコンをつけっぱなしで寝てしまう・・・という人はかなーりキケン!!。
エアコンを使って部屋の温度を下げると、当然湿度も一緒に下がっていきます。

 

常にエアコンの風にさらされることで、知らず知らずのうちに皮膚の水分が失われ肌内部の水分も蒸発していってしまいます。
そのせいでお肌はあっという間にカサカサの砂漠状態に・・・。

 

夏の蒸し暑さでついつい忘れがちですが、エアコンによる乾燥を防ぐためにもつけすぎには十分注意しましょうね。

 

冬の空気の乾燥

冬場になるとカサカサ肌になってしまう!という方は多いです。
かゆみを感じたり、化粧ノリが悪くなったりと冬場の乾燥は様々な肌トラブルを引き起す元凶に。

 

その原因はなんといっても気温と湿度。
皮脂の分泌量や肌の水分量は、季節によって大きく変わります。
気温と湿度が下がる11月~1月は、肌から水分が蒸散する量が増加。
これにより、乾いた外気に触れた肌表面から水分が奪われてお肌の乾燥が急激に進んでしまうんです。

 

東京の冬は年々乾燥してきているので、肌の水分を逃がさないようにしっかり保湿対策をする必要がありますよ。

 

間違ったスキンケアやお手入れ法

実はカサカサ肌が起こる原因は誤ったスキンケアも大いに関係しています。
肌表面(角質層)に負担をかけるお手入れ方法のせいで、乾燥をケアしているつもりが余計に悪化させている場合もあるので気をつけないといけません。

 

特にこんな場合は要注意!

  1. 洗浄力の強い洗顔料を使っている

    洗顔力の強い洗顔料は、必要以上に皮脂を取りすぎてしまいかえって乾燥の原因になります。
    なるべく優しいもので肌を傷めない泡タイプの使用がおすすめですよ。

  2.  

  3. 乳液やクリームを使っていない

    べたつくのが嫌だからと化粧水しかつけない人がいますがそれはNG!
    化粧水は、基本的に水なのでこれだけでは角質を潤すだけで完全な保湿にはなりません。
    化粧水で肌の潤いの土台を作り、その後に乳液やクリーム、ゲルなどで蓋をするのが大事です。

  4.  

  5. 油分の多いクリームやオイルを使っている

    カサカサ肌をしっとりさせたいからと油分が多いクリームやオイルを使う女性も多いです。
    でも実はこれらは肌表面に油膜だけが残るだけで肌の内側までは潤ってくれません。
    酸化しやすいので肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。

  6.  

  7. 刺激の強い化粧品を使っている

    そもそも自分の肌に合っていない化粧品を使っているパターンも多いです。
    有名商品だから、皆が使っているから、お気に入りのブランドだから・・・。
    自分の肌質を考えずに刺激の強いタイプの化粧品を使うのはおすすめしません。
    今の自分の肌状態をよく考えたうえで本当に必要なものを選ぶのも乾燥肌を防ぐコツです。

 

紫外線による日焼け

紫外線は「美肌の大敵」!!
紫外線を繰り返し浴びると肌のバリア機能が低下し、それによって細胞が破壊され肌内部の水分までもが失われてしまいます。
その結果肌のターンオーバーが早まり、皮膚の乾燥を招いて炎症が発生してしまうのです。
紫外線による日焼けはシミ・そばかすだけでなく乾燥肌や敏感肌を招く原因の一つなので、紫外線対策もきっちり行うようにしましょう。

 

カサカサ肌の対策はどんなことをすればいいの?

 

日常で出来るカサカサ肌・乾燥肌対策の方法や注意点についてご紹介しますね。

 

十分な睡眠をとる

十分な睡眠

睡眠不足は肌の免疫力やバリア機能を低下させ、ターンオーバーの乱れを招きます。
ターンオーバーが乱れると、過剰な皮脂分泌や角質が厚くなるといった肌トラブルが起こり、それが結果的に乾燥肌の原因になってしまうんですね。

 

美容と健康のためにも、睡眠は6時間以上8時間以内を心掛けましょう。
出来れば成長ホルモンが分泌される12時前にはベッドに入るのがおすすめです。

 

バランスの良い食事を心掛ける

栄養バランスを考えない不規則な食事や偏食は肌の代謝機能や血液循環に悪い影響を与えます。
特に糖分の摂りすぎは皮膚の抵抗力を下げてしまうので、ついつい食べ過ぎてしまうという方は要注意。
普段の食事内容をちょっと変えるだけでも乾燥肌改善の手助けになりますよ。

 

特に「ビタミンA・B2・B6・C」は、質の良い血液をつくり、肌の免疫力を高める効果があるので積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンA

にんじん にんじん、パプリカ、ほうれんそう、モロヘイヤ、卵、うなぎ、あなご等

ビタミンB2

納豆 納豆、卵、牛乳、のり、うなぎ、まいたけ、レバー、ブリ等

ビタミンB6

豚肉、牛肉 豚肉、牛肉、鶏肉、イカ、タコ、サツマイモ、大豆、まぐろ、さんま、さば、いわし等

ビタミンC

赤ピーマン 赤ピーマン、アセロラジュース、レモン、ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー等


毎日の食事をちょっと意識して、身体の中から美肌を目指しましょう。

 

正しいお手入れ法をマスターする

乾燥性敏感肌対策のスキンケアは、刺激を与えずにしっかりと保湿することです。
正しい保湿スキンケアを続けていれば、バリア機能が回復し乾燥性敏感肌の症状は徐々におさまってくるハズ。
それでは、カサカサ肌を解消出来る化粧品の正しい使い方をご紹介しますね。

 

  1. つけ方が大切!

    化粧品のつけ方を変えるだけで症状や肌の状態が落ち着く場合もあります。

     

    乾燥肌さんの化粧水のつけ方のコツは次の通り。

    • 洗顔後に一秒でも早くつける!
    • 手で温めて顔全体を優しく包むようにハンドプレス
    • 乾燥しやすい目元や口元には重ねづけをする
    • 手のひらが肌に吸いつくくらい顔全体になじむまで2~3回繰り返す
    • コットンパックをするのもおすすめ
  2. 適量を意識して使う!

    基礎化粧品は各メーカーが推奨した「適量」、もしくは「やや多め」を意識して使用するようにしましょう。
    ケチケチして使っていると化粧品本来の機能・効果が半減してしまうので要注意です。
    目元や口元などの乾燥しやすい部分は美容液を重ねづけして、シワやたるみを防ぎましょう。
    自己判断で少なめにつけると十分な効果が得られないので気を付けて下さいね。

  3.  

  4. 最後に必ず乳液・クリームを使う!

    化粧水をつけたらそこで終わりではありません。
    必ず最後に乳液やクリームで肌表面のフタをするケアを行うように!
    これをしないと、化粧水で補給されたせっかくの水分や潤いが蒸発してしまうので保湿した意味がなくなってしまいます。
    乳液は水分と油分を適度に与える効果が、クリームには油分のベールで水分蒸発を防ぐ効果があるので忘れずにつけるようにして下さいね。

 

カサカサ肌の化粧品の選び方

 

乾燥肌になると普通の化粧品では肌にピリピリ感を感じることも多いですよね。
しみるし痛いからお手入れ自体が苦痛・・・。
そんな時こそ、低刺激でありながらも油分を含み、肌を守ってくれる化粧品を選ぶようにしなければいけません。
自分の肌状態をしっかり把握してそれに合ったスキンケアを選ぶこともカサカサ肌を解消する重要なポイントです。

 

乾燥肌は保湿が命!セラミドで潤いを補給しよう

 

乾燥肌を防ぐには肌に不足している「水分」と「油分」を補給して、肌の保湿力そのものをアップさせることが大切です。
乾燥肌の保湿にはセラミドが非常に効果的!
セラミドは角質細胞をつなぎとめる働きをしている成分のことで、セラミドが不足すると角質細胞がはがれやすくなり肌のバリア機能の低下を招いてしまいます。
バリア機能が低下するとほこりや花粉といった外からの刺激に敏感になってしまい、かゆみや炎症が起こりやすくなるのでセラミドで潤いをしっかり補給することが大事。
セラミドが高濃度で配合されている保湿化粧品のラインナップを選べば、肌の保水力が高まってカサカサ肌改善が期待出来ますよ。

 

痛くない!沁みない!痒くならない!刺激のないものを選ぼう

 

化粧品を選ぶ時は成分表示をよくみて、自分に必要のない成分が入っていないものを選びましょう。
タール色素や香料、アルコールといった刺激の強いものは避けた方が無難です。
なるべく肌を傷めない優しい成分のみで構成されている化粧品を選ぶことが大事です。
乾燥によって肌が敏感になっている時はヒリヒリやピリピリ感を感じやすく、合わない化粧品を使うと肌荒れや炎症の原因になるので特に注意が必要です。

 

紫外線による炎症を防ぐ!乾燥肌対策に美白ケアはマスト!

 

お肌の乾燥や炎症を引き起す紫外線。
日焼け止めをしっかりと塗ることはもちろんですが、紫外線によって壊れた肌のバリア機能を回復させることも乾燥ケアには必要不可欠。
紫外線は肌の細胞を壊して肌内部の潤いを奪いカサカサ肌を招く原因になります。
美白ケアをすることで肌の乾燥やヒリヒリカサカサを防ぐことが出来ます。
保湿に加えてシミやくすみ予防といった美白ケアもセットで行いましょう。
紫外線は夏だけではなく冬も降り注いでいます。
春先からは特に紫外線が強くなるので季節に関係なく常に美白ケアをすることを心掛けるといいですよ。

 

カサカサ肌に効果的な化粧品を選ぶ際に必要な3つの条件

 

カサカサ肌を予防・改善出来る化粧品を選ぶ際に重要なポイントをおさらいしますね。

  1. 乾燥肌や敏感肌でも使えるくらい低刺激であること
  2. セラミド配合で保湿力の高い化粧品であること
  3. 紫外線による炎症を抑える美白効果があること

これらの条件を満たすおすすめの化粧品はあるのでしょうか?

 

それが、実はあるんです!!
その名も
ディセンシアサエルシリーズ!!

 

カサカサ肌でも安心!ディセンシアサエルで保湿も美白も思いのまま!

 

【知らないと危険】顔がカサカサ肌になりやすい方オススメの化粧品

 

ディセンシアサエルは肌を潤しながら美白もしてくれる敏感肌用の美白化粧品。
あのポーラ・オルビスグループが敏感肌専用に立ち上げたブランドなのでその技術や品質はまさに折り紙つき!
実際、敏感肌やアトピーが原因で他のコスメは使えなかったという女性でも、サエルなら大丈夫だったという声があるくらい低刺激な化粧品として口コミでも人気なんです。
カサカサ肌でも使えるくらい成分は優しいのに、シミやそばかすに対してもしっかりした美白力を発揮出来るので非常にオススメ!

 

サエルの特徴

香料アルコール不使用で妊婦さんでも安心して使えるくらい低刺激・安心・安全!

高浸透のヒト型セラミドを配合しているから保湿効果抜群で肌状態も整えてくれる!

アルブチンやビタミンC誘導体といった安全性の高い美白成分が紫外線による炎症を徹底ガード!

 

  • 低刺激
  • 高保湿
  • 高浸透
  • 美白効果あり

という、まさに4拍子揃ったサエルは刺激に弱い乾燥肌や敏感肌さんには強ーい味方になりますよ!

 

Anecanのベストコスメ大賞も受賞しているサエルが、
今ならなんと定価2160円のところを初回限定特別価格1480円(税込)という格安価格でお試しできちゃいます!

 

送料振込手数料無料で30日以内の返品交換もOKなので、カサカサ肌に悩んでいるのなら是非一度試してみるといいですよ!
しっとり潤う透明美肌を手に入れてかさつきや乾燥と無縁のお肌になっちゃいましょう!

カサカサ肌でお悩みなら試してみる!

カサカサ肌でお悩みなら試してみる!

今がチャンス!初回限定特別価格キャンペーン中!

2160円が1480円(税込)!!

 

敏感肌にあった美白化粧品を徹底検証!

1位

2位

3位

4位

サエル サエルの体験レビューを見てみる

アスタリフト アスタリフトの体験レビューを見てみる

ビーグレン ビーグレンの体験レビューを見てみる

アンプルール アンプルールの体験レビューを見てみる

▼敏感肌対応を基準に比較ランキング▼

敏感肌にあった美白化粧品ランキング