敏感肌でも美白したい!メラニン色素を減らすにはどうすればいいの?

美白肌を目指す女性にとって一番の敵・・・それは「しみやそばかす」!!
美白ケアの要はシミやそばかすの原因であるメラニン色素を減らすこと!

 

しかし、お肌の弱い敏感肌や乾燥肌の女性だと美白ケアも一苦労ですよね。
肌荒れしてしまったり、合わない日焼け止めや化粧品を使うと炎症やかゆみが出たりして、余計にお肌が荒れてしまいます。

 

せっかくシミそばかすケアをしようと思っても、スキンケアで肌トラブルを引き起してしまうのでは全く意味がありません。
シミの原因となるメラニン色素を抑えたい!
でも敏感肌だからなかなかいいスキンケア用品が見つからない・・・
そんな風に悩んでいる方も多いと思います。

 

私自身、メラニン色素を減らすために使っているのが、このサエルの美白クリームです。

 

サエルの美白クリーム

 

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

 

ここでは、敏感肌でもメラニン色素を抑える方法や美白対策についてご紹介していきますね!

 

 

 

シミの原因・メラニン色素とはそもそも何?

 

しみとは「メラニン色素が肌に沈着して取れなくなった状態」のことをいいます。
では、そもそもメラニン色素とは一体何なんでしょうか?
メラニン色素は人の目や肌、髪の色といった身体の色を構成している成分のことをいいます。
白人・黒人・黄色人種の肌の違いはメラニン色素の比率によるものだってご存知でしたか?

 

メラニン色素の役割とは

 

白人女性

 

メラニン色素には肌を紫外線から守り、皮膚の細胞が破壊されるのを防ぐという大切な役割があります。
皮膚にあるメラニン色素を使って紫外線を吸収することで、私達の皮膚細胞が破壊されるのを防いでくれているんですね。

 

メラニンは表皮の基底層というところにあるメラノサイト(メラニン形成細胞)によって生成されます。
メラノサイトは紫外線などの刺激を受けるとメラニンを作り出し、それを周囲の表皮細胞に供給することで真皮まで紫外線が届かないようにブロックしているのです。

 

もし、メラニン色素がなければ人間の皮膚は非常に無防備な状態になってしまいます。
細胞が紫外線に常にさらされることで皮膚がんを引きおこす可能性が何十倍にも高まってしまうので、人間にとってメラニン色素はとても大切なものなんですよ。
実際、肌が白くて綺麗な白人さんはメラニンの数が少ないので「皮膚癌の発症率が高い」というリスクがあるという報告もあるくらいです。

 

メラニン色素が増える原因とは

 

【敏感肌でも安心の美白】メラニン色素を減らすクリームはこれ!

 

メラニン色素が増える原因はいくつかあります。

  • 女性ホルモンの影響
  • 不規則な生活
  • 紫外線の影響

 

妊娠、出産等で女性ホルモンのバランスが乱れるとシミが増えたりすることがあります。
女性ホルモンの乱れによって紫外線を浴びても肌の機能がうまく働かず黒ずみが発生してしまうんですね。

 

また、寝不足や食生活の乱れ、ストレスを抱えているといった不規則な生活等もメラニン色素が増える原因になります。
肌は28日周期でターンオーバー(生まれ変わり)しますが、生活の乱れによって肌の新陳代謝が衰えるとメラニン色素は沈着したまま肌に残ってしまいます。

 

生活を整えて肌のターンオーバーを正常にすることでメラニンの定着を防げます。

 

メラニン色素が増える一番の原因は紫外線!!

 

メラニン色素が増える一番の原因は紫外線

 

紫外線の浴び過ぎによってメラニン色素が過剰になるとシミが増える原因になります。
メラノサイトは本来は薄い色をしていますが、紫外線によりメラニン色素が生成されるとメラノサイトはどんどん茶色くなっていきます。
これがいわゆる日焼けの状態です。

 

日焼けは皮膚のターンオーバーがスムーズに行われればその後消えて無くなることがほとんどです。
しかし、肌のターンオーバーが乱れると老化の原因である活性酸素が発生し、部分的に色素が沈着してしまうという現象が起こります。
その沈着した色素がいわゆる「シミ」の元になってしまうんですね。
紫外線による肌のダメージを光老化といいます。
肌の光老化を防ぐためには対策が必要不可欠!
メラニン色素を増やさない為にはとにかく紫外線を浴びないことが最大のポイントなんです!

 

メラニン色素の生成を防ぐにはどうすればいいの?

 

【敏感肌でも安心の美白】メラニン色素を減らすクリームはこれ!

 

ではメラニン色素の生成を防ぐためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

 

一番簡単なのは肌の露出を防ぐこと。
長袖を着たり首元にスカーフを巻いたり服装次第で色々工夫出来ますね。
肌の露出部分を減らせば減らすほど紫外線をガード出来るので普段の格好に気をつけるといいでしょう。

 

しかし、顔はさすがに隠すというわけにはいきません。
そこで使ってほしいのが日焼け止め。
これは紫外線対策の基本中の基本です。

 

日焼け止めクリームは夏だけでなく冬でも塗っておきましょう。
夏場はこれに加えて日傘を使うことで紫外線を90%以上防げます。
日焼け止め+日傘の組み合わせはメラニン色素対策にはかなり有効です。

 

また、ファンデーションにも紫外線防止効果があるので上手く活用しましょう。
普段使いのファンデーションを紫外線ブロック効果の高いものに変えるだけでも大分違います。
パウダータイプだと太陽光を乱反射させてくれる効果があるのでおすすめです。

 

ただ、化粧もちが悪いのでこまめな化粧直しが必要になるのでそこだけ注意が必要です。
紫外線対策に食べ物を利用する方法もあります。
メラニン色素が生成される過程で「活性酸素」という老化物質が発生します。
この活性酸素を抑える効果があるのが人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれるベータカロチン。
他にもキウイに多く含まれるビタミンEやレモンで有名なビタミンC、トマトの中にあるリコピン等、美白効果がある成分を含む食べ物は沢山あります。
人参やかぼちゃ、トマト、季節のフルーツ等を積極的に摂ることで内側からのケアが期待出来ますよ。

 

メラニン色素対策に最も有効なのは美白化粧品を使うこと

 

日焼け止めや食生活を整えてもそれだけではちょっと不十分です。
しみやそばかす対策をしっかりやりたいのなら、やはり専用のスキンケアを使うのが一番!
メラニンを防ぐための美白ケアと言えばやはり美白化粧品ですよね!

 

加齢によって肌のターンオーバーが乱れがちになるとシミもなかなか消えにくくなります。
まだ若いから・・・と美白対策を怠っていると、10年、20年先に大きな差となってあらわれますのでなるべく早めに対策をしておくことが肝心です。
美白化粧品を普段のお手入れに採り入れることで、シミそばかす肌を防ぐことが出来ますので積極的に活用するといいですよ。

 

メラニン色素を抑制する美白成分が入った化粧品を選ぼう!

 

メラニン色素を減らしたいなら美白成分が入っている化粧品を選ぶことが大事です。
シミ予防に有効な成分として次のようなものが挙げられます。

アルブチン

ビタミンC誘導体

プラセンタエキス

 

これらはチロシナーゼを抑制できる成分として有名です。
医薬部外品とされている美白化粧品ならたいていは配合されているので知っている方も多いかも知れませんね。

 

チロシナーゼとはメラニン色素をつくり出す酸化酵素の事です。
メラノサイトから作られる物質にチロシンという酵素があるのですが、これはいわばメラニン色素の親玉とも言える成分。
チロシンがチロシナーゼという酵素によりドーパ→ドーパキノン→メラニン色素へと変貌していきます。

 

そのため、まずはメラノサイトにチロシンを作らせないようにすることがシミ予防の第一歩。
チロシナーゼの活動を抑制すればシミの予防にかなりの効果が期待出来ますよ。

 

シミの消しゴム・美白成分ハイドロキノンは敏感肌には絶対NG!

 

美白成分で有名なのがハイドロキノン。
この成分は医薬部外品ではなく医師が皮膚科などで処方するもので、元々化粧品に使用することは認められていませんでした。
しかし、最近では濃度を2%以下にすれば化粧品に含まれてもいいとされています。

 

そのため、美白化粧品にはハイドロキノン配合のものも増えてきています。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われる成分で、シミの消しゴムと呼ばれているくらい効果が高いことで有名です。

 

できてしまったシミにも効果があるのはハイドロキノンだけとも言われています。
しかし副作用や肌への刺激が心配されているのも事実で、特に敏感肌の方が使うのはオススメ出来ません。
ただし使い方を間違えると、かえってシミを濃くしてしまったり肌荒れを起こしてしまう危険性があるので要注意です。
とにかく早くシミを消したい!

 

肌が強いから多少刺激があっても問題ない!
そういう方ならならハイドロキノン入りの化粧品はオススメですが、敏感肌の方には刺激が強いので避けた方がいいでしょう。
ハイドロキノン入りに限りませんが、自分に合った化粧品を使うことが美肌への近道です。

 

敏感肌や乾燥肌でも使えるメラニン抑制効果のあるクリームなんてあるの?

 

美白化粧品を実際に敏感肌女性が使うとなるとちょっとハードルが高い!
そう思われる方もいるでしょう。

  • シミ取りはしたいけれどもハイドロキノンは刺激があるから使えない
  • 乾燥肌なので美白化粧品を使うと沁みたりヒリヒリしてしまう
  • 肌に優しくてシミそばかす予防が出来るスキンケアアイテムを探している
  • メラニン抑制効果あってなおかつ敏感肌でも使える美白コスメが欲しい

こういった悩みを抱えている敏感肌・乾燥肌女性が使える美白クリームなんてあるのでしょうか?

 

それが、実はあるんです!
その名も・・・
ディセンシア・サエル!

 

ディセンシア・サエル

 

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

 

敏感肌専用の美白化粧品ディセンシアサエルとは?

 

ディセンシアはあのポーラ・オルビスグループが敏感肌専用に立ち上げたブランド。
サエルは敏感肌専用の美白コスメとして、お肌の弱い女性からも高い評価を得ているスキンケアラインなんですよ。

 

敏感肌の場合、肌の性質上美白ケアをするのがなかなか難しいですよね。
でも、サエルなら肌を傷めずに安心して美白ケアが出来ちゃうんです!

 

サエルシリーズのおすすめポイント3つ

 

メラニン生成をストップさせる成分をふんだんに配合!
  • エスクレシド・・・ポーラ研究所オリジナル成分でメラニンの生成を防いで白いお肌をキープ
  • アルブチン・・・メラニン生成を防いでメラニンの黒化を防ぐ美白有効成分
  • ビタミンC誘導体・・・黒くなってしまったメラニンを元に戻す&シミを薄くする美白有効成分
  • コウキエキス・・・肌の炎症を防いでメラニン生成も抑えて美白をサポート
  • ムラサキシキブエキス・・・紫外線による活性酸素を除去してメラニンの過剰な生成を防ぐ

 

サエル,美白,コスメ,メラニン色素を減らす

 

敏感肌・乾燥肌・妊娠中でも安心して使えるくらい超低刺激なのに美白出来る!
  • 刺激の強いハイドロキノンのようなシミ消し成分が入っていない
  • 香料やアルコール不使用

 

高浸透のセラミドナノスフィアで肌のバリア機能をアップさせ乾燥を防いでくれる!
  • ヒト型ナノセラミドが角層を隅々まで潤してしっかり保湿
  • 角層保湿成分「白様雪R(ビャククヨウセツ)」がお肌の内側を強化して透明感アップ

 

サエルなら肌荒れすることなく、シミの元になるメラニンの生成を抑制する効果が期待出来ます。
ハイドロキノン入り化粧品のように出来てしまったシミを消すというよりも、これから出来るシミを防ぎたい人にはかなりおすすめのアイテムです。
サエルの美白クリームを使い続ければ、メラニン色素を減らす効果が徐々に現れてくると思います。
出来れば、クリームだけでなく、化粧水と美容液も一緒に併用することがオススメです。

 

でも、お肌に付けるものなので、個人によって肌に合う・合わないといったことが起こります。
なので、まずは価格の安いトライアルセットを使ってみてはどうでしょうか?

 

今ならサエルトライアルセット10日間分が、定価2160円⇒初回限定特別価格1480円(税込)という特別価格で手に入れることが出来ます!
680円オフなのでとってもお得感もありますよね。

 

今がチャンス!初回限定特別価格キャンペーン中!

2160円が1480円(税込)!!

サエル,美白,コスメ,メラニン色素を減らす

サエルトライアルを試してみる

 

サエルトライアルセットの内容

 

化粧水・美容液・クリームの基本の3ステップを10日間たっぷり使える

容量換算だと計4036円相当でなんと2556円相当お得に

トライアル内容

化粧水ホワイトニングローション14mlが544円相当
美容液ホワイトニングエッセンス8mlが1872相当
クリームホワイトニングクリームが9gで1620円相当

 

  • プレゼントでCCクリームクリアリストサンプルを各1回分プレゼント
  • 安心安全の香料アルコール不使用
  • 購入し易い送料振込手数料無料
  • 繊細な敏感肌女性のブランドだから30日以内返品交換OK(使用後も返品OK)

 

敏感肌でもメラニンを抑制出来る美白ケア・サエルシリーズは
これ以上しみを作りたくない!増やしたくない!
という女性には是非一度試してみてほしい美白化粧品です。

 

セラミド成分も入っているので保湿力もバッチリ!
乾燥しがちな敏感肌さんでも安心です。

 

もうメラニン色素なんて怖くない!
お肌に優しい美白化粧品で皆が憧れるシミやくすみのない白肌を目指しましょう!!

 

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

 

敏感肌にあった美白化粧品を徹底検証!

1位

2位

3位

4位

サエル サエルの体験レビューを見てみる

アスタリフト アスタリフトの体験レビューを見てみる

ビーグレン ビーグレンの体験レビューを見てみる

アンプルール アンプルールの体験レビューを見てみる

▼敏感肌対応を基準に比較ランキング▼

敏感肌にあった美白化粧品ランキング