生理前に起こる肌荒れをなんとかしたい!

生理前になるとどうしても肌荒れしてしまう…という女性は多いですよね。

 

生理前に発生しやすいトラブルには次のようなものがあります。

肌が脂っぽくなりにきびや吹き出物ができやすくなる

肌のバリア機能が低下して敏感になる

紫外線の影響を受けやすくなる

PMS(月経前症候群)やストレスからお肌の調子が悪くなる

むくんで血行が悪くなり肌がくすむ

また、肌自体が敏感になって普段のお手入れだとヒリヒリやかさつきを感じたり沁みたり痛くなってしまうことも…。

 

生理前の肌荒れ対策というと、ニキビケアなどの商品を推奨される方がいます。
確かにニキビにすぐ効果のある化粧品もいいのですが、対処療法よりも大切なのは普段からのスキンケア。
管理人の私も生理前の肌荒れに悩んでいるのですが、普段からのしっかりしたスキンケアが大事だと思っています。
私が使い始めたのは
ディセンシアのサエルという化粧品。
使ってから半年ほど経ちますが、あの生理前の肌荒れが薄らいできたので、使ってみてはいかがでしょうか。
お試しのトライアル商品がお手ごろな価格で購入できますよ。

 

今がチャンス!

初回限定特別価格キャンペーン中!

2,700円が1,480円(税込)!!

生理前,肌荒れ

生理前,肌荒れ

 

このページでは生理前の敏感肌を改善してケアする方法についてご紹介したいと思いますので、是非参考にしてみて下さいね。

 

 

生理前に肌荒れしてしまう原因

 

生理前,肌荒れ

生理前に肌荒れが起きるのは、ズバリ、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

肌荒れだけではなく、ついイライラしたり、むくみやすくなったりといった症状はホルモンの影響によるものなんですね。
肌荒れを起こすホルモンにプロゲステロンというものがあります。
生理の10~12日前はこのプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。
このホルモンは妊娠を促し、妊娠後に備えて栄養や水分を備蓄する役割を持っています。
皮脂の分泌量を増やす働きもあるので、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでニキビを作ってしまう原因になることも。

 

プロゲステロンが引き起すトラブルは他にも

  • 体内に水分がためこまれることでむくみや便秘が起きる
  • メラニン生成の活発化を促すので紫外線に対して敏感になりシミやくすみの原因に

生理前だと肌が敏感になって色々なトラブルが起こってしまうのは、プロゲステロンというホルモンが原因だったんですね。

 

生理前の肌荒れを予防する方法とは?

 

生理前のオイリー肌やニキビを改善する方法4つをご紹介します!

 

ニキビに触らない

ニキビに触らない

生理前は皮脂の分泌が盛んになります。

皮脂にホコリや細菌などが付着すると肌荒れの原因となり、ニキビや吹き出物が発生。
ついつい気になって触ってしまうことも…。
実は手には雑菌がたくさんついているので、
汚い手でニキビを触ると炎症のさらなる悪化を招いてしまいます。
肌の清潔を保つためにも、極力触らないように注意しましょう。

 

洗顔方法に気をつける

洗顔方法に気をつける

皮脂の分泌が多いからといって、いつもより洗顔の回数を増やすと肌荒れの原因になります。
必要以上に洗顔をすると、肌に必要な油分まで流れてしまい肌の乾燥を招くので要注意。
洗顔は朝晩の2回で十分。
毛穴汚れを落とすようにやさしく丁寧に洗顔するのがコツです。

正しい洗顔のステップ

手洗いはしっかりと!

手には雑菌が沢山ついています。
手を洗わないまま洗顔すると雑菌を顔中に広げることになり、肌荒れの原因に。

 

ぬるま湯で洗うこと<!/p>

熱いお湯で洗顔をすると顔の皮脂が流され乾燥を招いてしまいます。
32~35度くらいのぬるま湯で優しく洗いましょう。

 

柔らかい泡で優しく洗う!

洗顔はとにかくこすらないことが重要です!
摩擦を防ぐためキメの細かい泡を作ってそっと肌の上に滑らせましょう。
肌に負担がかかるごしごし洗いは絶対NG。
くるくると指で円を描くように洗い、皮脂の多いTゾーン→頬→目・口の順に洗うのを心掛けましょう。
特に目や口は皮膚が薄いので、泡を乗せるだけでOK。

 

タオルで優しく水分を取り除く

ぬるま湯で洗い流す!

すすぎ残しのないようにぬるま湯でしっかり洗い流します。

 

タオルで優しく水分を取り除く

清潔なタオルを使い水気をタオルで吸い取りましょう。
タオルで拭く時も優しく摩擦が起こらないように気を付けて。

 

食事

油っこいものを控える

油っこいものを控える

生理前は皮脂の分泌量が増えます。
油っこいものを食べるとさらに皮脂の分泌が盛んになるので要注意。
特に、動物性の油(バター、ラード、牛・豚の脂肪分など)は摂り過ぎするとニキビ肌の原因に!
スナック菓子や、チョコレート、ナッツ類も避けましょう。
刺激物も肌荒れの原因になると言われているのでなるべく摂らない方がいいでしょう。
生理前はいつもよりも食欲や甘いものを食べたくなるので自分でコントロールすることが大切です。

 

遅い時間

仕事が忙しいと夕飯を食べる時間がどうしても遅くなりがちです。
夕食を食べるのが遅くなると消化が終わらないまま血糖値が高い状態で就寝することになります。
血糖値が高いと、美肌をつくるホルモンの分泌を抑制してしまうので、消化されなかったものが「毒素」として体内にとどまってしまいます。
極力深夜等の遅い時間帯に飲食物を摂るのは止めた方が無難です。

 

野菜を食べる

野菜を食べる

生理前はいつもより野菜を意識的に摂ることを心掛けましょう。
特に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどは積極的に摂取するといいですよ。
緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれんそうなど)は肌の張りやツヤをアップさせるこれらの栄養素がふんだんに含まれていますのでこまめに食べるのがおすすめ。
バランスのよい食生活を心掛ければ多少の動物性油を含む食べ物を食べても問題ありません。
肉やお菓子を全面的に禁止すると逆にストレスになってしまいます。
そのせいでバカ食いしてしまったりするのは肌にも良くないですよね。

 

イソフラボンを摂る

イソフラボンを摂る

生理前の肌荒れはホルモンバランスを整えることで防ぐことが可能です。
エストロゲンは女性らしい体のラインを作りったり肌や髪につやを出す女性ホルモンです。
イソフラボンは体内でエストロゲンと似た働きをするので普段からこまめに摂取することで肌荒れを防げます。
イソフラボンは、豆乳、納豆、豆腐、味噌などに含まれているので夕飯やランチ等に上手く取り入れましょう。
体に良いからといって、摂り過ぎることは逆効果になるので摂取量の目安は1日70~75mgの範囲内を意識して下さいね。

 

低用量ピルの使用

低用量ピルの使用

ピルというと、避妊薬としてのイメージが強いですよね。
実は生理前の肌荒れ、イライラ、生理痛などの、不快な症状を改善する効果もあるんです。
ピルの服用により、肌荒れの原因となる、黄体ホルモンの分泌が抑えられます。
ピルは、婦人科や皮膚科などで1カ月分は2000~3000円程度で処方してもらうことが可能ですので気になる方は婦人科を受診して相談してみると良いでしょう。

 

生理前のむくみ、お肌のくすみを解消する方法

 

生理前は、黄体ホルモンの影響で体内に水分を溜めこもうとする働きによってむくみやすくなります。
お肌の新陳代謝も不活発でお肌がくすみがちに。
改善法としては次のような方法があります。

 

睡眠をしっかり取る

睡眠をしっかり取る

睡眠の取り方によって、肌の健康は大きく左右されます。
特に、成長ホルモンが分泌される22~2時はお肌のゴールデンタイム。
この時間帯に良質な睡眠を取ることでターンオーバー(肌の生まれ変わり)も促進されます。
ターンオーバーが正常に行われることで、肌のトラブルは起きにくくなるので早寝早起きが美肌のコツです。
夜遅くまで起きていると寝不足でイライラしたり顔がむくんでしまうので気をつけましょう。

 

運動をする

運動をする

ウォーキングやストレッチ運動のような軽い有酸素運動を行うことでむくみやくすみの解消につながります。
運動して汗を流すことで、新陳代謝が促進されて体内の老廃物の排出にもつながります。
汗をかけばむくみやくすみのとれたスッキリした顔になれるのでおすすめです。
運動による程良い疲れで夜もぐっすり眠れるので気分をリフレッシュできる効果も。

 

生理前の肌荒れ・敏感肌の改善方法

 

生理前になると突然お肌が敏感になってしまうということもよくありますよね。
敏感肌になってしまった際の対処法について紹介します。

 

しっかり保湿をする

しっかり保湿

生理前は皮脂量が多くなることから、普段より保湿を控えめにする人もいますがそれはNG。
肌が乾燥すると毛穴周りが固くなって皮脂や汚れがつまりやすくなります。
ニキビを作る原因になってしまうので保湿はしっかりしましょう。
また、乾燥はお肌のバリア機能を低下させて外からの刺激によるかゆみや炎症を引き起こす原因になります。
生理前にかかわらず、普段通りに保湿することが大切です。

 

刺激の強いスキンケアを使わないようにする

刺激の強いスキンケアを使わないようにする

生理前は普段よりも肌が敏感な状態になっています。
肌に合わない、または使い慣れていないスキンケア商品は荒れた肌にさらに刺激を与えてしまいます。
肌の状態を余計悪化させることになるので出来るだけ低刺激で肌に優しい敏感肌用のスキンケアアイテムを使うようにしましょう。

 

メイクは極力控える

肌荒れした分にファンデーションやコンシーラーを塗ることで肌の状態を悪化させる恐れがあるので、生理前はなるべくメイクはしない方がいいでしょう。
肌荒れを隠したいあまり、厚めにファンデーションを塗りがちですがこれがさらなる肌トラブルを招くことも。
仕事柄どうしてもメイクをしないわけにもいかない場合は、肌への負担が少なく刺激や油分の少ない化粧品を使うようにしましょう。

 

生理前は紫外線の影響を受けやすい!?

 

生理前は紫外線の影響を受けやすい!?

生理前の肌は紫外線の影響を受けやすくなっています。
日焼けによる炎症で皮膚を痛めたり肌内部の水分が奪われることで乾燥肌や敏感肌に傾いてしまうことも。

 

なので、夏場だけではなく冬場でも紫外線対策はしっかりとしましょう
日焼け止めを使用して紫外線からお肌を守るのはマストですが、それに加えてスキンケアも美白効果のあるものを使用するようにするといいですよ。
出来るだけ刺激の少ないものを選べば紫外線による肌荒れ対策になるのでおすすめです。

 

生理前の肌荒れを解消する敏感肌用化粧品ならこれがオススメ!

 

生理前の敏感肌にぴったりなスキンケアで肌荒れを防ぐには、

生理前のスキンケアおすすめ

  • 敏感肌でも使える低刺激のもの
  • 乾燥を抑えて肌のバリア機能をアップさせるもの
  • 紫外線による炎症を抑えて美白ケアも出来るもの

このような要素を持った化粧品を使うといいですよ。

 

実は、これらの条件にぴったりなスキンケアアイテム、ディセンシアのサエルをご紹介します。

 

【敏感肌でお悩みのあなたへ】生理前の肌荒れ対策の化粧水ならこれ!

 

サエルなら生理前の敏感肌対策も美白ケアも両立出来ちゃう!

 

お肌が敏感になりやすい生理前の女性の強い味方がディセンシアサエルシリーズ。
ディセンシアはポーラオルビスグループが敏感肌の女性の為に立ち上げたブランド。

 

サエルは敏感肌でも安心して美白出来る美白化粧品なんですよ。
お肌が弱い方やアトピーで悩んでいる方、妊婦さん等にも「安心して使える美白コスメ」としてとっても人気のアイテムなので、生理前の敏感肌に悩んでいるのなら一度試してみる価値アリ!!

 

今がチャンス!初回限定特別価格キャンペーン中!

2700円が1480円(税込)!!

妊娠時にも安心のコスメならサエル

妊娠時にも安心のコスメならサエル

 

ディセンシアサエルの特徴

ディセンシアサエルの特徴

  • 香料アルコールフリーでピリピリ感ゼロ!
    低刺激で敏感肌でも安心安全
  • 高浸透のヒト型セラミド配合で
    しっかり保湿して潤いのある美肌に
  • アルブチンやビタミンC誘導体といった
    美白成分がシミやくすみを予防

まさにサエルは生理前の敏感肌で悩んでいる女性にはぴったりのホワイトニングコスメ!

 

普段の化粧品だとどうしても生理前は沁みたりヒリヒリしてしまう

 

普段の化粧品だとどうしても生理前は沁みたりヒリヒリしてしまう

 

肌荒れを治しつつシミやくすみ予防をしたい

 

低刺激でもしっかり保湿して美白ケア出来るスキンケアがしたい


敏感肌に悩む女性の強い味方サエルで生理前の肌荒れや乾燥とおさらばしちゃいましょう!

こんな風に悩んでいるのなら是非一度トライしてみて下さいね!

 

今なら定価2160円のところを、
なんと
初回限定特別価格1480円(税込)という激安価格でお試しできちゃいます!
敏感肌に悩む女性の強い味方サエルで生理前の肌荒れや乾燥とおさらばしちゃいましょう!

 

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

サエルの口コミや体験レビューを見てみる

 

敏感肌にあった美白化粧品を徹底検証!

1位

2位

3位

4位

サエル サエルの体験レビューを見てみる

アスタリフト アスタリフトの体験レビューを見てみる

ビーグレン ビーグレンの体験レビューを見てみる

アンプルール アンプルールの体験レビューを見てみる

▼敏感肌対応を基準に比較ランキング▼

敏感肌にあった美白化粧品ランキング