【サエル】と【つつむ】を比較!特徴と選び方の違いを簡単解説!

 

サエルとつつむを比較

 

「サエル」と「つつむ」は同じ敏感肌専門ブランドディセンシアの商品ですが、一体その違いは何なのでしょうか?特徴は?自分にはどちらが向いてる?どうやって選べばいいの?など、疑問に思っている人も多いはず。ということで、サエルとつつむの違いを徹底調査しました!

 

サエル,つつむ

サエル,つつむ

サエル,つつむ

 

 

サエルとつつむの特徴を比較

 

まずは、サエルとつつむの特徴の違いを簡単に説明します。

 

サエルの特徴

お肌のシミ・くすみに対応した、美白に特化した敏感肌専用化粧品

 

つつむの特徴

肌本来の潤いを取り戻すための、保湿ケア、ベーシックケアに特化した化粧品

 

 

どちらも敏感肌対応ですが、サエルは美白効果に強みが、つつむは保湿効果で肌ベースを整えることに強みがあるのが特徴です。サエルが美白を叶えるための商品なのに対し、つつむはそもそもの敏感肌の肌状態を整えるための商品と言っていいでしょう。


 

サエルとつつむのお肌への効果や成分の違いは?

 

 

サエル

つつむ

商品画像

サエル

つつむ

特徴

【美白ケア】

  • シミ、そばかすを薄くする

  • くすみを取る

  • 肌を保湿する

【保湿・ベーシックケア】

  • 肌のベースを整える

  • 健康的な肌状態をつくる

  • 肌の潤いを取り戻す

効果の共通点
  • 特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」を活用

  • 外部刺激をブロックしながら高保湿を実現

  • セラミドナノスフィアで高い浸透力を実現

  • 低刺激

  • アレルギーテスト済み

効果の相違点

 

 

 

  • 美白有効成分アルブチン配合で美白効果が高い
  • ストレスによるシミ、くすみにも対応

  • 保湿に特に必要なアミノ酸5種類を複合化した、アミノコンプレックスを配合し、乾燥肌を潤いで満たす

サイトボタン

サエル,つつむ

サエル,つつむ

 

サエルとつつむの共通技術・共通成分

 

 

サエルもつつむも同じディセンシアの商品なので、外部刺激をブロックしながら高保湿を実現するヴァイタサイクルヴェール技術の活用や、セラミドナノスフィアによって高い浸透力を実現していることなどは共通しています。


 

共通技術 ヴァイタサイクルヴェール[ヒト型セラミド配合](角層保護保湿ケア)

 

サエルヴァイタサイクルヴェール

 

ヴァイタサイクルヴェールは、ディセンシアの独自特許技術の名称です。外部刺激をブロックしながら、肌のバリア機能をサポートしてくれます。肌表面をラップのように包み込み、同時に肌の中に潤いを閉じ込め水分を逃さないため、肌の保湿力がアップするのです。

 

共通成分 セラミドナノスフィア(保湿成分)

 

サエル成分セラミドナノスフィア

 

保湿成分をヒト型セラミドで囲んだカプセルです。通常のセラミドの1/20サイズ・4倍の浸透力で角層のすみずみまで浸透し、保水機能を高めてくれます。

 

サエルとつつむそれぞれの特徴的な成分

 

 

次にサエルとつつむの相違点を見てみましょう。サエルは美白に特化した化粧品のため美白有効成分に特徴があり、つつむは保湿に特化した化粧品のため保湿成分に特徴があります。


 

サエルの特徴的な成分 アルブチン(美白有効成分)

 

サエル成分アルブチン

 

アルブチンはサエルに含まれる美白有効成分です。シミの原因となるメラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを抑制し、シミを予防してくれます。アルブチンは、旧サエルの美白有効成分だったビタミンC誘導体よりも美白効果が高く、刺激の強いハイドロキノンよりも安全性が高い美白有効成分です。

 

つつむの特徴的な成分 アミノコンプレックス(保湿成分)

 

つつむアミノコンプレックス

 

乾燥した肌が不足しがちなNMF(天然保湿因子)の約40%を占めるアミノ酸。つつむは、肌に無数にあるアミノ酸の中から特に必要な5種類(リシンHCI、アルギニン、セリン、グリシン、アラニン)を厳選し、複合化したアミノコンプレックスを配合しています。これによって、デリケードで乾燥した角層細胞のひとつひとつをしっかりとした潤いで満たします。

 

成分や効果から考えると、サエルとつつむはこんなふうに分けることができます。
  • 美白ケアについての悩みが一番大きい人に向いているのは ⇒ サエル
  • 肌の敏感症状についての悩みが一番大きい人に向いているのは ⇒ つつむ

 

 

自分がどんな症状に一番悩んでいるかを見ると、サエルかつつむか、選びやすくなりますよ。


 

サエルとつつむの価格・サービス・ラインナップの違いは?

 

サエルとのつつむの価格・サービス・ラインナップの違いをまとめてみました。

 

 

サエル

つつむ

商品画像

サエルとアスタリフトの比較

つつむ

トライアルセット価格・中身

1,480円(10日分)

 

・ローション 20ml
・エッセンス 10ml
・クリーム 9g
・おまけCCクリーム 1回分

1,470円(14日分)

 

・クレンジング 1.3g×14回分
・洗顔石鹸 10g
・洗顔フォーム 1回分
・ローション 14ml
・クリーム 10g
・クリームR1 1回分
・日中用保湿クリーム 1回分
・洗顔ネット 1個
・アヤナスローション 1回分
・アヤナスクリーム 1回分

通常価格

■ローション 125ml 5,400円
■エッセンス 36ml 8,100円
■クリーム 30g 5,940円
■CCクリーム 25g 4,860円
■トラベルセット 5,400円
※アイテムによってリフィルあり

■クレンジング 100g 2,376円
■洗顔石鹸 80g 1,944円
■洗顔フォーム 100g 1,944円
■ローション 120ml 3,672円
■クリーム 30g 3,240円
■クリームR1 30g 3,240円
■日中用保湿クリーム 25g 3,024円
■フェイスマスク 22ml5枚 3,780円
■トラベルセット 2,700円

定期購入価格(初回)

【10%割引】

■ローション 4,860円
■エッセンス 7,290円
■クリーム 5,346円
■CCクリーム 4,374円

【10%割引】

■クレンジング 100g 2,138円
■洗顔石鹸 80g 1,749円
■洗顔フォーム 100g 1,749円
■ローション 120ml 3,304円
■クリーム 30g 2,916円
■クリームR1 30g 2,916円
■日中用保湿クリーム 25g 2,721円

送料 全国どこでも無料 全国どこでも無料
定期購入の回数縛り 回数縛りなし 回数縛りなし
返品 商品到着後30日以内返品・交換OK(開封・使用後も可) 商品到着後30日以内返品・交換OK(開封・使用後も可)
サイトボタン

サエル,つつむ

サエル,つつむ

※価格はすべて税込み価格で表示しています。

 

つつむは肌のベーシックケアということもあり、クレンジングや洗顔フォームなどのラインナップがあるのが特徴ですね。
  • 肌を洗う段階から敏感肌をケアをしたい、まずは肌の状態をしっかり健康的な状態に戻したいという方は、つつむシリーズが向いているでしょう。
  • サエル,つつむ

  • 敏感肌だけどやっぱり美白はあきらめたくない!シミやくすみを改善したい!という方は、サエルシリーズが向いているでしょう。

 

「サエル」と「つつむ」どっちが自分に向いてる?

 

お肌の状態や化粧品に期待することは人それぞれ違いますよね。サエルとつつむ、それぞれの化粧品に向いている人をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

サエルが向いている人

 

サエルが向いている人は?

 

サエルにはこんな人が向いている!
  • とにかく美白を重視したい人
  • お肌に優しくて美白効果が高い化粧品がいい人
  • 刺激の強いハイドロキノン等が入っていない美白化粧品を使いたい人
  • これから出てくるシミを予防したい人
  • 今あるシミ・そばかすを時間を掛けてでもいいから薄くしたい人
  • くすみのない透明感のある肌を目指したい人
  • 乾燥肌を改善したい人
  • サッパリ系のテクスチャーが好みの人
  • 妊活中、妊娠中、授乳中でも美白したい人
  • アトピーだけど美白は諦めたくない人
  • (アトピーの症状によっては医師に相談の上使用を検討してください)

 

とにかく美白を重視したいなら!

サエル,つつむ

サエル,つつむ

>>サエルの楽天・amazon・公式の価格比較はこちら

 

つつむが向いている人

 

つつむ

 

つつむにはこんな人が向いている!
  • とにかく肌が乾燥する人
  • 粉がふくほどの乾燥肌で悩んでいる人
  • 市販の化粧品だと、肌がしみたり、赤くなったり、かゆみが出たりする人
  • 医者にアトピーと診断されて、肌ケアに悩んでいる人(アトピーの症状によっては医師に相談の上使用を検討してください)
  • ストレスや生理前に肌が荒れやすい人
  • 季節の変わり目に化粧品がしみることがある人
  • クレンジングや洗顔の段階から、敏感肌対応のものを使いたい人
  • 正常な肌のターンオーバーを取り戻したい人

 

とにかく敏感肌のベーシックケアを重視したいなら!

サエル,つつむ

サエル,つつむ

 

サエルとつつむを組み合わせる方法もオススメ!

 

普段の美白ケアはサエルシリーズを使って、お手入れ前のクレンジングと洗顔はつつむシリーズを使うという方法もオススメです。どちらも敏感肌対応なので、肌が弱い方は安心して使うことができます。

 

注意!

サエルの化粧水・美容液・クリームと、つつむの化粧水・クリームを、組み合わせて併用することはオススメできません。保湿力が高いということは両者のシリーズに共通していますが、それぞれ機能が違う化粧品なので、併用してしまうとせっかくの効果が発揮できなくなる場合があります。

 

肌状態をしっかり整えて美白もしたい!という場合は、まずはつつむシリーズで肌のベーシックケアをし、肌の状態が良くなってからサエルシリーズを使うという方法も考えてみてもいいでしょう。

 

 

自分の肌の状態に合わせて、サエルとつつむをうまく選んでみてくださいね。


 

理想の肌になって

毎日を楽しく過ごしたいなら!

サエル,つつむ

サエル,つつむ

サエル,つつむ